*

ボーナス 夏 冬 どっちが多い?その差額はどうやって決まるの?

一般的にはが多いとされるボーナス


結局どっちが多いのか、またどのくらい変わるものでしょうか?


の分をどのくらい貯蓄しておくべきか等の目安にも必要ですよね。


金額などについて調べてみました。

SPONSORED LINK


ボーナス 夏 冬 どっちが多い?


一般的には冬のほうが多いと言われていますが、

一部上場企業の2014年夏の平均は705,792円、冬は709,283円で、

冬が多少高くなる程度です。



年末年始でかかる費用への配慮や、

大晦日につけ払いを徴収していた風習のなごりなどの影響が理由として上げられます。

少しでも資金を手元に置きたい企業側の事情もあります。



「2014年冬のボーナス、大手企業の平均額が凄いwww 過去最高水準に迫るwww」



一方、パートタイマーなども含むみずほ総研のデータでも、冬が約1万高くなっています。


公務員は夏と冬でもっと差がハッキリあります。

月給の0.2ヶ月分程、冬が高いのが平均的です。

夏と冬の支給額 差額はピンキリ?


企業によっては、年額支給を均等にわけているところもあります。

ボーナス月には住宅ローンの返済などが高額になることもありますから、均等の方がありがたいですよね。

貰えるものは早く貰ったほうが、貰う側は嬉しいものです。



大手企業は組合などが均等になるように要請しています。



まだ小企業で社長の気分次第、査定次第というところでは、

夏は100万貰ったけど冬はなしなどの場合もあります。


仕事がとれたか利益が上がったかの落差が、

月単位でダイレクトにはねかえってきます。



それでも、大手なら安心とはいえません。

業績ダウンで現金がないために、

会社の商品(量販店より高い社内割引価格)を選んで現物支給された夏もありました。


管理職は支給なしで、貯蓄を切り崩して住宅ローンなどにあてて、かなり生活が厳しかったようです。

賞与の回数、支給額はどうやって決まるの?


民間の場合は基準金額とは別にボーナス査定と呼ばれる、

勤務成績の評価点を算出項目に入れている場合ところが多いです。



一般的には6カ月の業務・業績が評価されて支給されます。


対象期間は、7月支給でも10月~3月、11月~4月、12月~5月など企業によって異なります。

多くは営業年度でわけていると思います。



上司との面接などを行う企業もあります。

部内で出せる上限が決まっているので、

成績は評価してるけど今回は我慢してなんてこともあります。



給与が年俸制のところは、年俸を16で割って4カ月分を二度に分けてボーナスとして支給するところなどもあります。



また、好業績などが理由の時のみボーナスが臨時支給される企業などもあります。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR


     ★ワンダーコアより多機能でお得★

PAGE TOP ↑