*

去年の日焼け止め 効果はある?使用期限についてもご紹介


最近は冬場も日焼け止めクリームを欠かさない人も増えてきました。

しかし、夏用の去年の日焼け止めが残っているという人も多いでしょう。
その日焼け止めを今年使っても効果はあるのでしょうか?

去年の日焼け止め効果は保存状態やタイプによって変わってきます。

SPONSORED LINK


去年の日焼け止め 効果について

日焼け止め製品の使用期限には、表示の義務がありません。
見てみると表示がなくて困ってしまいますよね。

実は未開封で3年の使用期限がある化粧品には表示義務がないのです。

そこから、表示のないものは基本的には「未開封でキチンと保存していれば」使用することが出来ると考えられます。

またSPFなどの日焼け止め効果も変わりません。

保存方法としては直射日光を避けた常温の場所で保存していれば大丈夫です。
072038
実はドラッグストアの安売り品などでは去年のものが売られていたりします。

新シーズンのものはパッケージが変わっていたりするので、新品が欲しいという人は気を付けて購入するとよいでしょう。

ファンケルなどの無添加のものや、美容液が配合されている日焼け止めには、保管期限が明記されています。
そのようなものは使用期限を守りましょう。

開けてしまったものは、半年~1年が使用期限なので、ギリギリ使えるかどうかということになります。
これは使用状態にもよります。

使う時に、蓋の周りの口をこまめに拭きとるなどすることで、雑菌の繁殖を抑えられます。

開けた時に口に固まりが出来ているような場合は使用を控えたほうが良いでしょう。

日焼け止め タイプごとの使用期限

(1)ミルク・ジェルタイプ
もっとも一般的な防腐剤の入ったミルクやジェルタイプの場合、未開封のものは3年、開封したものは1年以内になります。

夏の間に使い切れなかったら、そのまま秋に手足をメインに使うなどの工夫をしましょう。

(2)スプレータイプ
正しく保管していれは未開封、開封後も製造から3年は使用できます。

容器の密閉度が高いので、ミルクやジェルタイプより長持ちします。

(3)無添加の日焼け止め
防腐剤・殺菌剤を含まない無添加化粧品は、未開封1年以内、開封後6ヶ月以内が目安です。
使用期限が書いてあるものはそれを守りましょう。

無添加の日焼け止めは1つが少量のことが多いので、買い過ぎなければ使い切りやすいので、必要なだけ買って使いきるようにしましょう。

美肌仕上げの日焼け止めの塗り方


注意点

sun-protection-148363_640
これは去年の日焼け止めに限りませんが、パッチテストを必ず行って下さい。
いきなり顔に塗らずに、手足の目立たない所でパッチテストをしましょう。

塗ってから二日ほど見て何も変化がなければ問題ないです。

また、開封時に中身が分離していたり、ニオイが変だなと思ったら、酸化などの変質をしいている可能性が高いので、使用は避けて下さい。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR


★ワンダーコアより多機能でお得★

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑