*

花束の値段(送別会編) はいくら?おすすめの花はどんなの?


春の人事異動の時期がやって来ました。


移動や退職で別れの季節でもあります。


送別会では花束を送ることが多いですよね。

どのくらいの値段が相場なのか、喜ばれる花の種類などを調べてみました。

SPONSORED LINK


送別会の花束 値段の相場は?


一般的には3,000~5,000円が大体の相場です。


しかし定年退職者などには5,000~10,000円のものを送ることが多いようです。



その職場の習慣や参加者の人数などによって花束の値段が上下します。

人数が多ければ一人あたりの費用は軽くなるので、少し豪華にすることもあります。

ダウンロード (8)

送別会で贈る花の種類 おすすめはどんなの?


女性に意外と喜ばれるのがブリザーブド・フラワーです。

お手入れなしで長く楽しめますし、送別会のあとに引っ越しなどがある場合は荷物と一緒に運べます。

引っ越しを伴う転勤や退職の場合は、切り花を楽しむ余裕はあまりありませんので、籠盛りの花などにすると喜ばれます。



お花は明るいイメージで、できるだけボリュームを出すように花屋に頼みましょう。

送る相手の年齢や性別、どんな人かなどを伝えると、よりイメージピッタリの花束をつくってくれます。

プロはやっぱり凄いですね。



手書きのメッセージカードを付けるとより喜ばれます。

そこで花言葉が送別会にピッタリの花に、花言葉を添えたメッセージカードを添えると良い花束が出来上がります。


ダリア


感謝。

まさに送別会にぴったりの花言葉です。

華やかでボリュームも出しやすいお花です。


ネリネ


また会う日まで。

幸せな思い出。

これまでの感謝と今後も縁が切れないように願う花言葉です。


アネモネ


期待。

栄転の方などにはピッタリです。


スイートピー


門出。

新しい場所での活躍を祈って贈りましょう。


グロリオーサ


栄光に満ちた世界。

今後の活躍を約束してくれそうですね。

ダウンロード (9)

避けた方がよい花というのもあります。

白いお花をメインにしたり、菊の花を使用するとお葬式を連想させるのでやめましょう。


また、

りんどう(悲しんでいるときのあなたが好き)

クロユリ(呪い)

黄色のスイセン(うぬぼれ、自己愛、エゴイズム)


などは使わない方が良いですね。


花屋に「送る相手の性別、年齢、移動や退職後の予定、送る側の人間の立場」などをキチンと伝えておけば、間違いが少なくなります。

花束を渡すタイミング・ポイントは?


送別会が開会したら、その場の最も席次の高い人に挨拶をしてもらいます。

歓談しながら、1人ずつ別れのあいさつや思い出を語ってもらいましょう。


人数が多ぎる場合は、直属の部下で可愛がられていた人にするなど工夫しましょう。


KNOB 定年退職LIVE 花束贈呈



宴会を終了する際に、花束贈呈となります。

プレゼントなどがある場合は2人にわけます。



花束を渡すのはその場で最も若い女性の役目です。

これは相手が女性であっても女性にしましょう。

花を持って似合うのはやはり女性です。


幹事は事前に話をしておきましょう。



また、花束は最後の日にというところもあります。

荷物が大変そうな場合は避けたほうが良いかもしれませんが、感動度はやはり「最後の日」が高いです。

特に退職者には「その日」には送別会とは別にもう一度贈っても良いと思います。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR


     ★ワンダーコアより多機能でお得★

PAGE TOP ↑