*

モスキート音テストで耳年齢チェック!耳年齢の回復方法はある?医者が薦める耳老化防止方法とは


年齢っていうものがあるのをご存知ですか?

普段、会話していて特に耳の聞こえが悪くなったと感じていなくても、知らずしらずのうちに耳も老化していってるそうです。

耳が老化すると「高い音」から聞こえなくなるのですが、どのくらいの高音が聞こえなくなったかで耳年齢・年代がわかってしまいます。


そこで活用されるのが今回の『モスキート音』なので、ぜひこのテストでご自身の耳年齢をチェックしてみてくださいね。

また、モスキート音が聞こえなくなる意外な原因医者が薦める耳老化防止方法耳年齢回復の可能性についても言及していきます。

SPONSORED LINK


モスキート音(モスキートーン)とは


どんなに耳のよい方でも、人間が聞こえる音は20~20000Hz(ヘルツ)と言われています。

その中でモスキート音は17000Hz(ヘルツ)前後高周波音のことを指します。


この音は基本的に20代前半までしか聞こえず、20代後半からは聞こえづらい、または聞こえなくなるそうです。

聞こえる音が「キーン」という不快な音で、耳年齢の若い方にとってはとても耳障りな音です。

この音が「蚊が飛んでいるような音」ということからモスキート音という名前になりました。


日常会話で最も使われる高さの音は1000Hz、鈴虫の鳴き声程度(人が出せる声より高い音)は4000Hzといわれてるので、モスキート音がどれだけ高いのかがわかりますよね。

モスキート音テスト!あなたの耳年齢は?


それでは早速、耳年齢テストができる動画を紹介します!

モスキート音は不快な音ですので、まず音量を調整してからご視聴くださいね。

聞こえなくても音量を上げないようにしてください。


「モスキート音『耳年齢テスト』」




いかがでしょうか・・・。

ここで一つ謝らなければならないのですが、この動画は弱点があって、Youtubeの仕様で16000Hz(20代後半)以上はカットされてしまうそうです。

私も「あれ?」と思っていろいろ調べてみました。


実はこのモスキート音テストは、TV番組「月曜から夜ふかし」や「世界一受けたい授業」などでも紹介されたのですが、そのさいも自分の年齢で音が聞こえないとネット上で話題になりました。

これもテレビの仕様で16000Hzからは削除されていたんですね。(2015年11月には「ロンドンハーツ」、2016年6月には「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ」でも放映されましたが、その時は『機器や放送環境で出ない周波数もあるのでご了承ください』と注意書きが出ました。)


15000Hzまででも十分耳はよいのですが、もっと高い音をお手軽に聞ける方法はないか?ということを次の章で紹介しますね。


ちなみに年齢別の音の周波数は以下のようになっています。

モスキート音テスト 年齢別の周波数

【全年齢】7000Hz
【60~69歳】8000~9000Hz
【50~59歳】10000~11000Hz
【40~49歳】12000~14000Hz
【30~39歳】15000Hz
【25~29歳】16000Hz
【18~24歳】17000~18000Hz
【13~17歳】19000~20000Hz
【犬】最大約50000Hz(50kHz)
【猫】最大約60000Hz(60kHz)


モスキート音で耳年齢テストができるアプリ(無料)


もちろん無料で会員登録も不要なのでお気軽に耳年齢テストができます。

ぜひ試してみてくださいね。

『モスキートーン』

私はアンドロイドでこのアプリを使っています。

操作もかんたんでとっても使いやすいですよ。


『耳年齢チェック!iPhone版』

調べたところ、ネット上の口コミがよかったです。

このアプリは補聴器メーカーが作っているそうなので、おすすめとして紹介させていただきました。

Print

モスキート音が聞こえない意外な原因


特に変わったこともしていないはずなのに、「モスキート音が聞こえなかった」という方もいらっしゃいますよね。

日常会話では1000Hz程度の音しか聞かないので耳の老化に気づきにくいですが、実は普段なんとなく聞いている音でも耳は老化していたんです。

その音とは何でしょうか?

2015年3月にWHO(世界保健機関)からある指標が発表されました。

『91db(デシベル)の音は1日1時間以内

この音を1日1時間以上聞くと耳の老化を早める危険があるのだそうです。


この91dbの音とは意外に身近なところでもあふれています。

以下に91dbの音の例を紹介します。
「イヤホンでわずかに音漏れする程の音」

「ドライヤーの音」

「ハイパワー掃除機の音」

「人の怒鳴り声」
よく聞く音ばかりですよね。

知らずしらずのうちに耳の老化を早めていたんです。


103893
また、耳の老化は、モスキート音のような高音から聞こえなくなると言われていますが、それはなぜなのでしょうか?


少し専門的なお話になりますが、私達の耳の中には「蝸牛(かぎゅう)」または「うずまき管」とよばれる器官があり、鼓膜などから伝わった空気の振動を、音として感知しています。

さらに細かく言うと、蝸牛を構成するものに「有毛細胞」という毛が生えたような細胞があり、その毛が振動することで音を認識します。


このうずまき管の入り口付近にある有毛細胞は「高音

奥にある有毛細胞は「低音を認識しています。


奥にある毛は高音を認識する必要はないですが、入り口付近の毛は低音の振動でも揺れてしまうので、高音を認知する入り口の有毛細胞が減って早く老化していってしまうんですね。


残念ながら一度壊れてしまった有毛細胞は、再生することが出来ないと言われています。

耳年齢の回復方法はこれから出てくる?


一度、老化した耳年齢はもう回復しないと先ほどお話しました。

たしかに現時点で耳の老化は回復できませんが、「γ(ガンマ)セレクターゼ阻害剤」という薬によって、聴覚に深く関係する耳の有毛細胞が再生できるということが最近発見されたそうです。

ただ現在は研究段階であり、いつ実用化されるかなどは全く未定です。

値段や保険が適用されるかなども気になるところですよね。

また、耳年齢回復の新薬が発見されたとはいえ予防するに越したことはありませんので、次の章でお医者さんがお薦めしていた耳老化の予防法を紹介します。

225471

耳年齢の老化防止対策 医者が薦める方法とは


『大きな音を聞くときは「綿の耳せん」をする』

ドライヤーやハイパワー掃除機をかけるときなどですね。

おうちで大きな音を聞くとわかっているときは特に有効ですよね。


『うるさい音を聞いた後はしばらく無音で過ごす』

歌手の方でもライブをしたあとで、しばらく耳を休ませてあげるということを行っている方もいるそうです。


『テレビや音楽は小さめの音にする。』

普段からの心がけで変わってくるってことですね。

私も実践していますが、小さな音でも十分聞こえるようになってきました。

耳の細胞を刺激し老化防止に繋がるのだそうです。


『血管の老化を予防する』

これは大きな音でダメージを受けた耳の細胞が元に戻るのにも、血液の流れが必要なので、いかに血管老化を予防するか、血流をよくするかということも大事なのだそうです。


『ビタミンB12を摂取する』

これはビタミンB12が傷ついた末梢神経の修復を助けるのだそうです。

食生活から予防できる方法なので実践したいですね。

主にあさり、しじみ、さんま、レバーなどに多く含まれています。


耳かきが好きな方は、その危険性や方法についてこちらの記事で紹介しています。
耳かきしすぎて痛いのは大丈夫!?耳かきで毎月6人以上が救急搬送された原因とは

074612

モスキート音が聞こえない10代・20代も急増中?


老化というと年配の方のイメージもありますが、最近は若者でもモスキート音が聞こえないという方も多くいるそうです。


iPodや音楽が聴ける携帯電話が普及したことで、「ヘッドホン難聴」といわれる新たな疾患も急増したとのこと。

原因としては、ヘッドホン・イヤホンを使って長時間かつ大音量で音楽を聴き続けたことで、耳の細胞や神経に負担がかけたためです。


米国での調査だと、若者(10代)のうち5人に1人が軽度の難聴になっているようです。

音楽は大切な文化ですが、将来のことを考えて耳に優しい音量で楽しんだほうがよいみたいですね。

『「突発性難聴」【吉田たかよし】90秒でわかる 医学解説その28』


耳が遠くなるとコミュニケーションに支障をきたして、認知症に関係してくるのでは?とも言われているくらいです。

耳年齢も若く保てるように心がけたいですね。

モスキート音が耳年齢テスト以外で活用されることって?


店舗などを営業してる方で、「お店の前に若者たちがたむろしている」と悩んでいる方は、モスキート音をつかって若者をお店から遠ざける、なんてことに使っているそうです。
特にコンビニが多いと言われています。

あと噂ではありますが、東京ディズニーランドはカラスを寄せ付けないように人間に聞こえない周波数の音波を発するという話もあるそうです。


あとは家の猫よけにモスキート音を使っているという方もいらっしゃいます。

しかしこの場合は近隣の方に迷惑がかかることもあるので避けたほうがよいでしょう。

近くに受験勉強中の学生さんがいたら台無しですもんね。

相手方もかすかに聞こえる音なので、確信がなくてなかなか言い出せないなんてこともあります。

166084
モスキート音も聴きすぎるとやはり耳によくないですから、ほどほどにしましょう!

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR


★ワンダーコアより多機能でお得★

PAGE TOP ↑