*

隅田川花火大会2016 日程!観覧スポットをチェック(まとめマップ付き)

江戸時代から250年あまりの伝統を誇る隅田川花火大会!


日程観覧スポットについて調べてみました。

SPONSORED LINK


隅田川花火大会の日程、アクセスなど


【日程】

2016年の開催日は7月30日(土)です。


雨天時は翌日に順延、その翌日も荒天だった場合は中止となります。

お天気になると良いですね。




【会場・開催時間】

総開催時間:19:05~20:30



第1会場(桜橋下流~言問橋上流):19:05~20:30
 
花火コンクールの200発を含む9350発が打ち上げられます。



第2会場(駒形橋下流~厩橋上流):19:30~20:30 

第一会場ほどは混雑しません。

創作花火など、独自のものが見られるのが魅力。

10650発が打ち上げられます。

ちなみに第一会場は昨年から150発減って、第二会場は150発増えました。


【アクセス】

第一会場:東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩約15分

第二会場:都営地下鉄大江戸線・浅草線「蔵前駅」から徒歩約5分




例年80万人近い方が来場し、当日は超混雑します。

車だけでなく徒歩でも入場規制がかかることがあります。

早めに会場にいくことをお勧めします。

ダウンロード (17)

有料席情報、入手方法・抽選倍率は?抽選が当たっても場所取りは必要?


寄付を市民協賛金として募集し、お礼として特別観覧席に招待されます。

中止になっても寄付金ですから返金はありませんが、値段設定は安めです。



良い場所で見たいなら有料席でもやはり場所取りが必要です。

場所取りなどについてはこちらの記事で紹介しています。

隅田川花火大会 場所取りの時間や混雑について!団体で行くならこれをチェック


隅田川花火大会市民協賛席

ア 墨田区側両国親水テラス

第二会場が観覧できる椅子席

募集口数 約1850口

1口6,000円 ※最大4口までとして、1口につき1人招待


イ 台東リバーサイドスポーツセンター野球場

第一会場が観覧できる ビニールシート席

募集口数 約1550口

1口7,500円 ※1口につき5人以内招待


ウ 台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

第一会場が観覧できるビニールシート席

募集口数 約500口

(1口のみ) 1口7,500円 ※1口につき5人以内招待


エ 台東リバーサイドスポーツセンター野球場(※団体用のシート)

第一会場が観覧できるビニールシート席

募集口数 約100口

1口30,000円 ※1口につき22人以内招待


ア・イの協賛席は昨年より50口ずつ増えましたね。

『隅田川花火大会の打上げ会場と市民協賛席の設置マップ』

※スマホ版だとうまく表示されないことがあるようです。申し訳ありません。

赤が打上げ会場、オレンジが有料観覧席の位置となっています。
ポイントをクリックすると簡単な説明が出てきます。



申し込み方法は例年4月下旬から5月下旬までの一ヶ月間にはがきで応募となります。

2016年は
募集期間:平成27年4月20日(水)~平成27年5月19日(木)当日消印まで有効です。



当選確率は1/3~1/6と意外に高確率です。

ただわたしの知り合いは4回応募して1度も当らなかったそうです・・。


隅田川花火大会 協賛席 ☆ 目の前で、花火音が鳴り響く ♪♪


おすすめ観覧スポットの情報


全11ヶ所ご紹介します。
料金・時間の細部が異なっていることがありますのでご注意ください。

東京スカイツリー

いまや王道の観覧スポットですね!
ただそれだけにチケットはとてつもない倍率となっています。

・営業時間 17時30分~22時
・価格 6500円
・販売数 450人
・東京スカイツリー天望デッキ フロア350 で花火観賞


東京スカイツリーから隅田川花火をみる歓び2012

東京タワー

特別展望台の北側

あまり大きくは見えませんが、トイレや休憩所があるのが魅力です。


東京タワー入場料
入場料(大展望台 + 特別展望台):大人1600円 
営業時間 22:00まで(最終入場 は21:30)
窓際を確保したい場合には、早めに場所取りをしましょう。

花屋敷

屋上特別観覧席があります。

前売り券:6月下旬ごろチケットぴあで先行受付開始されることが多いです。

屋上観覧抽選会があり、以前は当日15:00に
花やしき園内中央「フラワーステージ」にて、6組30名様が当選という形でした。

15:00までにエントリーしましょう。


35th Sumida River Fireworks Festival 「第35回 隅田川花火大会」 NO.2


浅草寺

第一、第二のほぼ中間で、第一の方が見やすいようです。

広い境内ですし、花火を見に来る人はたいてい隅田公園、水戸街道方面に
流れていくので混雑はすこし緩めになります。

汐入公園

会場からは少し遠いのですが花火はよく見えます。

場所取りするのにはおすすめ。

東白鬚公園

きれいに見えるポイントは早いもの勝ちで取る形になりそうです。

地元の人も活用する花火観覧場所です。

汐入公園よりも少し花火会場よりの場所。

白鬚橋前の土手

川から10m~20mほど離れたあたりがベストポジションのようです。

浅草小学校脇の公園

第二会場を台東区側で見る場合の穴場。

北側の公園です。

東京スカイツリーと花火を同時に見ることができます。

東京スカイツリー駅と曳船駅の間の踏切周辺部

「押上駅」A3出口を出て左手「日本レンタカー」をそのまま左手に進みます。

しばらくすると表れる踏切周辺がスポット。

スカイツリー駅周辺から少しだけ離れて混雑をさけます。

大横川親水公園

少し距離はありますが第二会場の花火がよく見えます。

「とうきょうスカイツリー駅」から「錦糸町駅」の間にある細長い公園

両国国技館前

観覧ルートから外れているのでわりと人がきません。

両国駅からすぐで、目の前に隅田川があります。



『墨田区花火大会と観覧スポットのまとめマップ』

※赤が打上会場場所、黄色がおすすめスポット(全11ヶ所)です。
マップが小さくなってしまってるので拡大をお願いします。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR


     ★ワンダーコアより多機能でお得★

PAGE TOP ↑