*

実印と認印の違いとは?その他の印の種類もご紹介

実印認印銀行印と印鑑には色々な名称があります。


書類などに使う時、どれを使うのが正しいのでしょうか。

また、違いはどのようなものなのでしょうか。


印鑑についてご紹介します。

SPONSORED LINK


実印とは


住民登録をしている市区町村の役所や役場に、

戸籍上の姓名を彫刻したハンコを登録申請し、

受理された印鑑のことをいいます。



1人1個しか登録できません。


満15歳以上で登録可能です。



登録すると印鑑証明書の発行が可能になります。

印鑑証明書というのは「本人が登録した印鑑」の証明書です。

その印鑑が正当性があることを証明するものになります。



どんなに立派な印鑑でも、登録していなければ実印とは言いません。

役場の窓口に実印登録が出来るところがありますので、登録しましょう。

実印は印鑑の中でもっとも重要で、法律上・社会上の権利・義務の発生を伴います。



認印のように家族と共同で使うことのないようにして、

捺印する場合も書類の内容をよく読んで理解してから使用するなど、慎重に扱うことが大切です。




三文判でも実印登録は出来ますが、同型のものがないとはいえませんから危険です。

手掘りのものを使用したほうが安全でしょう。

また、姓と名前の両方を彫刻する方がよりよいです。


実印の選び方2 20代で実印を作る方へ 実印の役割・重要度とは 茨城県日立市 はんこ1番.comスタンプナメカワ



用途としては

・公正証書の作成・金銭その他貸借証書・契約書

・遺産相続、不動産取引き

・官公庁での諸手続き・恩給・供託

・法人の発起人となるとき

・自動車や電話の取引き

・保険金や補償金の受領

などで使われます。

認印とは


郵便物などの受け取りなどのときに使用する日常的な印鑑です。


安価なもので大丈夫です。


玄関そばに置いて家族で共用するような印鑑です。


朱肉がフタ部分についていてシャチハタ印感覚で使える道具もあります。

images (24)

銀行印など他の印の種類は?


銀行印、訂正印、落款印などがあります。

印鑑の用途でわけられています。



特に銀行印は大事で、金融機関で金銭の出納の際に使用する印鑑になります。

銀行口座開設の際に使用した印鑑が銀行印になります。



通帳とは別々に保管しておきましょう。

二つを同時に盗まれると、預貯金を勝手に引き出されたりなど、悪用される可能性があります。

法的効力としては、実印と変わらないという判例があり、重要性がわかります。



銀行印はお金の出納に近いということもあって、重要な印鑑となります。

096756

訂正印は文書を作製する際に、

誤字・脱字を訂正したことを証明するために押すものです。

修正箇所に線を引いてその上に訂正印で押印して、正しい記述を行います。



落款印は書や掛け軸に作者の署名として押される印鑑です。

実印、認印、銀行印はそれぞれ別にしたほうがいい?同じでもいい?


実印は唯一性を守るため他の印鑑との併用をさけることが望ましいです。


またリスク分散という考え方から、銀行印とも違うものを使うことが望ましいです。


n1303408893

例えば実印が盗難・紛失に遭ってしまった場合、

実印の登録廃止・改印などを行う必要があるだけでなく、

各提携金融機関などの提出している銀行印までも修正して提出をしなくてはなりません。



銀行印も金銭に関するものですから、

認印のように頻繁に使うものとは分けることが望ましいです。


どの銀行でどの印鑑を使ったか自分だけにわかるようにして、

通帳やカードとは分けて保管して置きましょう。


家族との混乱をさける意味でも、個人口座には姓名の入った印鑑を使うとより安全です。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR


     ★ワンダーコアより多機能でお得★

PAGE TOP ↑