*

眠気覚ましの方法!運転中につかえる12個の方法!

運転中の眠気は死亡事故にも繋がるとても怖いものです。


渋滞、超時間の運転中、睡眠不足などで眠くなってくる前に、眠気覚ましの方法をご紹介します。

SPONSORED LINK


運転中眠気を覚ます12個の方法


同乗者とおしゃべりする


これは同乗者の協力が必須ですが、効果的ではあります。

でも、寝ちゃうんですよね。


っだらーっとした話よりも、ちょっと考えるような質問をされると脳が活性化されます。


「道がわからないからナビをして」とお願いすると良いかもしれません。


【眠眠打破委員会】脳波で実証。ホントに効く!? ドライブ中の眠気解消法




音楽を掛けて大声で歌う


これは1人の時にこそ出来る快感です。


眠くなくてもやるとストレス解消になります。

音痴でも何でもいいんです。

好きな曲をめいいっぱい歌いましょう!


歌は嫌いという人なら、日頃思っていても口に出来ないことを、音楽に載せて大きな声で叫ぶだけでも構いませんよ。


「腹減ったー」とか、「バカヤロー」とかでもなんでも良いです。



窓を全開にする


暖かくなると身体は自然に「眠るように」という信号を出します。

布団に入って身体が温まると眠くなるのと同じです。


だから運転中は窓を開けて風に当たると良いです。


オープンカーなら思いきってオープンにしちゃうのもありです。



暖房は入れない


窓を全開にするのと同じで、とにかく寒いくらいが眠気覚ましになります。



ツボを押す


手のツボが効くのですが運転中は難しいですね。


耳の裏側に眠気を飛ばすツボがあるので、耳全体を手のひらで包み込んで痛いくらいに引っ張りましょう。

かなり効果があります。


ついでに顔を叩いたり、脚をつねったりと痛みで刺激するとより眠気が覚めます。



ものを食べる


眠くなったらガムを噛むというのも1つの手です。


でもガムはどうしても一定のリズムで噛んでしまうため、そのリズムが眠気を誘ってしまうことも。

音楽に合わせてリズムを変えたりしながら工夫をしましょう。


リズムが一定にならないものとして、硬い食べ物が上げられます。

硬いおせんべいやスルメなどは、ガムよりもオススメです。



コーヒーや御茶などのカフェインを取る


眠気覚ましの定番の方法、カフェイン!

コーヒーに限らず渋い御茶も目覚ましにはぴったりです。

眠眠打破などのドリンクも良いですね。



冷たい飲み物を飲む


身体を冷やす効果もあるので、冷たい水を飲むのも良いです。


コーヒー等もあまり身体を暖めない程度の温度のものを飲みましょう。



息を止める


一分ほど息を止めると身体が「起きなきゃヤバイ」信号を出してくれます。


息を止めることで自然に、そのあと吸う空気も多くなり、脳に酸素がいきわたります。



一旦停止して深呼吸


もうヤバイとなる前に、早め早めの休憩を取りましょう。


そしてしっかり腕を伸ばして深呼吸。

酸素をたっぷり吸い込みましょう。


そのためにはしっかりと息を吐くことも重要です。

子供の頃のラジオ体操を思い出して、ゆっくり行ないましょう。


ついでに、大きな声を出すともっと眠気がふっとびます。



一旦停止してストレッチ


運転中はどうしても身体が固定されているので、アチコチ硬くなってます。


しっかりストレッチしたり、軽いジョグをしたりして、交感神経を働かせましょう。



思いきって仮眠をとる


早めに仮眠を取るのが良いのはわかっています。


どうしても無理をしがちですが、ドライブ計画を立てるときに、スイスイ進んでいてもココで休憩を取ると決めて置き、

同乗者にも確認しておくことも重要です。


そして、確実にそれを実行しましょう。


あとで渋滞が起こっても、早めの休憩があればドライバーだけでなく同乗者がイライラしてしまうこともありません。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR


     ★ワンダーコアより多機能でお得★

PAGE TOP ↑