*

結婚式 アクセサリーのマナー・選び方☆

結婚式は2人の門出を祝う大切な場です。

祝う気持だけで良いとは言え、知らず知らずのうちにマナー違反をして、同席者に不快な思いをさせては気持ちも伝わりません。

また、自分の評判にも関わってくることですから注意を払いましょう。

SPONSORED LINK


結婚式のマナー 避けたほうがよいものは

結婚式アクセサリーとして定番なのはパールです。

パールは良い物を1つ持っているとどこでも活躍してれて便利です。

だからと言ってブラックパールは、お祝いの席にはふさわしくないので避けましょう。

また、ドレスが黒の場合も、ホワイトパールだけではお葬式を連想するで、シルバーなどを組み合わせるなどの工夫をするのがマナーです。

昼の結婚式の場合は、光物のキラキラ反射するネックレスやゴールド系は避けます。

結婚式は写真撮影がありますから、光りものはストロボに反射して邪魔になりがちです。
小さなラインストーンなどは問題ないでしょう。

夜は、逆に華やかな光物をつけるのがマナーとなります。

また、ドレスと同じく花嫁とかぶらないこと、
花嫁より目立つことのないようにすることが大事です。

アクセサリーは、ネックレスやピアスだけでなくヘアアクセサリーも含みます。

花の大きなコサージュやティアラっぽいヘアアクセサリーなどは可愛いですが、花嫁がつけることの多いものですから避けます。

また、季節にあってないものもマナー違反です。

今は洋服の季節感が曖昧になっていますが、和服を着る方などはとても季節に敏感です。

そういった方とも同席する場ということをわきまえましょう。

また、時計もこのような席では外しておくのが礼儀です。

手元が寂しいなと思ったらバングルなどを使用しましょう。

食事の邪魔にならないようなものを選ぶと良いです。

結婚式で困らない!お呼ばれファッションの着こなし術

アクセサリー 選び方・合わせ方のコツ

まずはドレスとのバランスで考えましょう。
ネックレスとビアス・イヤリングは組み合わせて選ぶと無難です。

顔周りに来るものですから、顔映りの良いものを選ぶと良いです。

全体のバランスを見ながら足したりひいたりしていきます。

ドレスと合わせてみて、浮いてるものがあれば、他のものに変えましょう。

同じパールでも照りの違うもの、小粒のもの、台座のあるものなどに変えるだけで印象が変わります。

それでも寂しすぎる時は、コサージュなどで華やかさを加えるとよいでしょう。
これも大きすぎると目立つので12センチ程度までのものを選びます。
aea1603f67a5ed5dc5f981d07aed3910_s
お祝いの席ですから、特別感のある豪華なものを1点目立たせるというのも良い方法です。

ドレスに映えるもので日常使いでは派手かなというものでも、ドレスがしっかりとしたものであればアクセサリーも負けません。

この時は派手になり過ぎないように、他のアクセは付けないくらいの思い切った引き算をしましょう。

結婚式の定番アクセサリー

やはりパールが定番です。
1つ良い物を持っておくと何かと重宝しますので、ネックレスとピアス・イヤリングはセットで持っておくと良いです。

シルバーも昼でも光り過ぎず、夜にはそれなりの光沢があり使いやすいです。

大人っぽいシャープな印象もありますので、甘い空気の花嫁とかぶる心配がないのも良い点です。

昼間はサンゴなどの光を抑えたもの、ラインストーンやビーズ素材でも色合いのシックなものが定番です。

夜は逆にジュエリー、ラインストーン、クリスタル、ゴールドなどで華やかな印象にします。
e483522e3328c126c871cf0bdeae3888_s
定番アクセサリーは安心ですが、同席者とかぶってしまう危険もあります。
マナーを守りつつ、自分の個性やドレスにあったものを選びましょう。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PR


     ★ワンダーコアより多機能でお得★

PAGE TOP ↑